合掌

故人の理想に合った葬儀を執り行う|供養ステーション

葬祭説明します

香典

実施件数は増えそうです

現代の日本社会では宗教的意識は希薄になっていますが、近親者の死に対する祭祀は適切に行う習慣が依然として強く残っています。少子化社会で人口は減少する一方で高齢者が増加し続けることは確実視されているため、葬儀件数はしばらく継続的に増加することが予想されます。但し、故人の関係者を広く集めて盛大に行うことが多かった葬儀は、近年は近親者による慎ましい内容が好まれるようになっています。今後、この傾向は更に一般化することが予想されますが、地域による違いは党是なると思われます。埼玉は首都圏内で就業する傾向が高く、将来的な高齢者予備軍が多い地域と言えます。実利的な理由による居住者が多いので、埼玉では葬儀の件数増加と費用低下が見込まれます。

手続きが決まっています

日本は宗教的に寛容なので、埼玉だけではなく全国で故人を見送るための儀式は、仏式を中心に数多くの宗教的形式を比較的自由に行える環境と言えます。しかし、葬儀の形式は自由であっても、実際の行政的な手続きを手順通りに実行する必要があることには共通しています。まず、死亡者の死因等を確認するための死亡診断書を、病院等で医師に書いてもらう必要があります。その上で、死亡日から行政機関へ7日以内に死亡届を提出することになりますが、事前に斎場に火葬の予約をしておかなければ火葬許可証を発行してもらうことはできません。こうした行政手続きが終了してからが、宗教的祭祀としての葬儀の準備に取り掛かることになります。勿論、埼玉でも同じ手続きが必要です。

Copyright© 2015 故人の理想に合った葬儀を執り行う|供養ステーションAll Rights Reserved.